カードローンの申し込みを断られるケースはあるの

ロゴ
トップページ
<カードローンをしようと考えている>
自分がよく不安になって、仕事が進まなくなるときというのがあります。それは何かというと給料日前の数日間になりますね。場合によってはその前から不安になることもありますが、その理由というのは言うまでもないですよね。仕事そのものに対しての不安というよりイヤというのもありますが、もうこちらはいつものことなので、気にしていません。また、休みの日が来ればそのようなことは、少しは忘れることができますからね。でも、お金がないときの場合の方がもっと、自分にとっては仕事よりも大切な話で、生きられるかどうかにも関わって来ますからね。それで、何とか給料日を迎えたときには、一安心して、そのときについつい使っちゃうのがいけないところで、これは大げさに感じるかもしれませんが、このときほど生きている感覚というのを感じます。でも、もし今の会社から給料が出なくなったらどうしよう、と考えるときもあるのが正直なところです。もっといいところを探さないといけないかなと思っても万が一のことを考えると、次の一歩を踏み出せず、今のままでもいいのかな、でもそれでいいのかなという気持ちもときどきありますね。そこで、それを同じお金に関連することで、カードローンを検討しようと考えている自分ですが、申し込みをして断られるケースというのはあるのかな、というのが心配になりました。 実際に、そのようなケースが起きることもあるようですが、それもある程度パターンが決まっているようです。例えば、すでにたくさんのところからお金を借りている場合があります。そこにはクレジットカードで未払い分も対象になることもあるため、リボでしている自分にとっては注意しないといけないところですね。これについては経験がない、いやしたくはないですが、支払いを延滞している、またはそれが長期間あった場合も要注意になります。他には年収の約3割を超える借り入れも、断られるケースに入ります。

<カードローンをすると何かデメリットはあるの>
1人暮らしを始めてから3年目に入りましたが、実際にここまでよくしてきたなというのがありますね。なぜ、したのかといったら社会人となって、それで引っ越しをする必要になったためというのが1人暮らしをするようになった理由です。もし、今の仕事先にならなかったら、引っ越しをしないで実家にいたかもしれませんね。でも、実際に1人暮らしをしてみて、いいこともあれば、してみて気づくこんな悪いことというのがあります。やはり、いいことは1人で自由になれるというのがありますね。でもその逆にすべて1人で何でもしないといけないので、特にその中でもお金が思った以上にかかるということです。そして、今でも相変わらずの社会人なので、仕事もそうですが給料も相変わらずの状況といったところです。たまに、そろそろ別のところに転職しようと思うんですが、いいことと、悪いことだったら、どっちになるのかなと考えると行動できないという情けない自分です。そのような状況なので、お金に関してもいつもギリギリの状態で、しかも少しずつ出て行くお金が増えている状況です。そこで、カードローンを本格的にしようと思っているんですが、それをして何かデメリットというのがあるのかな、というのがあったのでカードローン比較をして調べてみました。 まずは、これは当たり前かもしれませんが、返済をしないといけないということ。そして、あわせて金利があるので、それも加えて支払う必要があるということです。それ以外には、クセになってしまうということ。1度その味をしめたら、必要もないのに使ってしまう、という感じです。ここはだらしない自分を注意しないと後で痛い目をみますから気をつけたいものです。また、これは今の自分には関係はないですが、他にマイホームを建てるのにローンをするときに、借り入れをしているとそれで不利になる場合もあるみたいです。やはり信用の部分において、シビアになることが多いみたいです。



Copyright(c) カードローンの申し込みを断られるケースはあるの. All right reserved.